容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「ユーロ圏4首脳一致 「危機封じ、13兆円必要」」:イザ!

  1. 2012/06/25(月) 02:49:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■銀行同盟創設、独仏の歩み寄りカギ【ベルリン=宮下日出男】ドイツ、フランス、イタリア、スペインのユーロ圏4大国の首脳は22日、ローマで欧州債務危機の封じ込め策を協議した。4首脳は、28、29両日の欧州連合(EU)首脳会議で1300億ユーロ(約13兆円)の成長・雇用戦略を提案することで一致した。ただ、域内の預金保険制度などを一元化する「銀行同盟」創設やユーロ共同債導入など、国際社会や市場が求める対策では独仏間の意見の隔たりはなお大きい。4首脳は、株取引などに課税する金融取引税の早期導入を目指すことでも合意。会談後の記者会見でメルケル独首相、スペインのラホイ首相が危機の中、欧州統合深化の重要性を訴えるなど協調姿勢も示した。会談では、欧州金融安定化基金(EFSF)などによる国債購入も協議されたとみられる。国債購入は、スペインとイタリアの国債利回り上昇を受け、モンティ伊首相が提案し仏、スペインも支持。ドイツも受け入れを示唆している。危機封じ込めのため、EU首脳会議で一定の回答が迫られる中、オランド仏大統領は「首脳会議では信頼回復のため前進しなくてはならない」と強調した。だが、4首脳が今回の会談でどこまで足並みをそろえたかは不透明さが残る。

関連ニュース

「ギリシャ首相、EU首脳会議欠席へ 目の手術で安静」:イザ!
「ポルシェ、高級オープンスポーツカー「ボクスター」初公開」:イザ!
ソフトバンク・小久保が2千安打 史上41人目

オークションサイト比較一覧

DTIブログって?