容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

首相、声荒らげ「証拠を」…中国大使巡る質疑

  1. 2012/06/13(水) 12:49:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 野田首相が12日の衆院予算委員会で、東京都による尖閣諸島購入に異議を唱えた丹羽宇一郎中国大使を巡る質疑の中で、声を荒らげる場面があった。 新党きづなの内山晃氏が丹羽氏の更迭を要求した際、丹羽氏が伊藤忠商事出身であることから「まるで商社の権益を優先して、国益をないがしろにしている」と発言したためだ。 首相は「丹羽氏の発言や我々の姿勢を批判するのは構わないが、『商売のようなことをやっている』と言うなら証拠を挙げてほしい」と内山氏に迫った。 その上で、「(丹羽氏の)発言は不適切だったが、玄葉外相が注意し、深く反省している」と述べ、更迭には応じない考えを示した。(2012年6月13日12時21分読売新聞)

関連ニュース

首相、柔軟対応示唆…一体改革の自民対案
中国スパイ疑惑、前副大臣が異例の書類直接受理
みんな渡辺代表面会にも政調費…市議団上京で

金沢 パン

DTIブログって?