容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「ベッキー♪♯、ライオンに会えて「ヤルキ−」」:イザ!

  1. 2012/06/30(土) 08:49:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
歌手、ベッキー♪♯(28)が26日、東京・芝公園の東京タワー前の特設ステージで、27日発売の新曲「ヤルキスイッチ」のリリース記念イベントを行った。ステージには“美女と野獣”を彷彿とさせる同作のジャケット写真を再現するため、ライオンのアスラン(雄、4歳)が登場。「かわいいー!!こんなに大きなライオンは初めて!!抱きつきたい〜。お近づきになりたいです」と大はしゃぎで、「きょうのヤルキスイッチはライオンちゃんに会えたことと、テレビ局のエレベーターで(韓流スターの)チャン・グンソクさんに会えたこと」と笑顔をみせた。ミニライブでは同曲とカップリング曲「春風ラブレター」の2曲を熱唱し、「新曲は頑張りたいけれど一歩踏み出せない人の背中を押してくれる曲です」とPR。個人的に背中を押したい相手については「オリンピックの日本代表と受験生。男性!?ずっと狙ってますけどウケないですね。頑張ります」と息巻いた。

関連ニュース

「ポーカーで日本人初の世界王者誕生」:イザ!
「ポーカーで日本人初の世界王者誕生」:イザ!
「ベッキー♪♯、ライオンに会えて「ヤルキ−」」:イザ!

アニソンリスト

インフラ輸出 金融面支援

  1. 2012/06/29(金) 06:49:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 政府は27日、高速鉄道や発電施設などインフラ(社会基盤)を海外に売り込む「パッケージ型インフラ海外展開促進プログラム」をまとめた。 日本企業の海外での受注活動を金融面で支援することなどが柱だ。7月に打ち出す「日本再生戦略」に盛り込む。(2012年6月28日読売新聞)

関連ニュース

「鳥取まんが王国盛り上げへ「エヴァレーシング」来訪」:イザ!
「ポーカーで日本人初の世界王者誕生」:イザ!
「2日間でゲーム開発に挑戦! 震災復興めざし福島・南相馬市でイベント」:イザ!

ブラジリアンワックス 堺

「欧州株式、小幅まちまち EU首脳会議の結果待ちで模様眺め」:イザ!

  1. 2012/06/28(木) 04:49:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Array

「野田首相は「切腹」覚悟 ロシア、政局を注視」:イザ!

  1. 2012/06/27(水) 04:49:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
国営ロシア通信は26日、衆院本会議で消費税増税法案が可決されたことについて、野田佳彦首相が「ハラキリ(切腹)も辞さない覚悟で」打ち出したものの事実上与党内の分裂を招いたと報道、今後の政局に強い関心を示した。今年5月に4年ぶりに国家元首に復帰したプーチン大統領が、日本との北方領土問題の最終決着に意欲を表明。今月18日のメキシコ・ロスカボスでの野田首相との首脳会談では領土交渉の「再活性化」で一致した。しかしロシア側は、領土問題解決には「日本側にも強力な政権が必要」と再三強調してきただけに、消費税増税法案をめぐる日本政局の混乱と政権基盤の弱体化を冷ややかに見詰めている。(共同)

関連ニュース

「アトムとエヴァの共通点は?手塚治虫記念館で企画展」:イザ!
「「まんだら屋の良太」 漫画家の畑中純さん死去」:イザ!
「首相会見(1)57人もの反対者「極めて残念な結果」」:イザ!

無料ブログ比較

「【野田政権考】消費増税実現も 政権は瀬戸際」:イザ!

  1. 2012/06/26(火) 02:49:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
道理を押し込めて無理を通した後にいかなる困難が待ち受けているか、野田佳彦首相(55)ご自身が誰よりも分かっているだろう。あちらの風になぶられ、こちらの風にはさいなまれ、政権運営が苦境に立ち至っているさまが目に浮かぶ。■小さくない代償消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案をめぐり、5月下旬に行われた首相と反消費税増税の旗頭である小沢一郎元代表(70)との会談は、双方の意見が真っ向対立し物別れに終わった。数日後の再会談でも歩み寄りは見られず、これを契機に首相は自民、公明両党との修正協議に本腰を入れ始めた。だが、会談では、表向きの対立ムードとは裏腹に、善後策も話し合われている。小沢氏が提案したとされ、民主党関係者によれば、「針の穴を通すような難しい策」だという。再会談の「陰の狙い」は、この善後策を詰めることにあったわけだ。9月に予定される代表選の前倒し、分党論…。小沢氏ならではの妙策があったに違いない。けれども、関連法案の成立に逸る首相はこれを蹴った。その日以降、6月15日に3党が合意するまで、首相は協議の行方をひどく気にしていたようで、政府関係者の一人は「その日の午前と午後で入る情報が一変し、機嫌がころころ変わっていた」と話す。「小沢切り」を断行したとなれば、3党合意の帰趨(きすう)に政権の命運がかかっている−。そんな首相の心象が見て取れる。

関連ニュース

福島沖の海の幸、ようやく店頭に 1年3カ月ぶり販売
遺族、米軍属と国を提訴 地位協定で不起訴の事故 
「【主張】「リオ+20」 地球救う責任は新興国に」:イザ!

エンジニア関係の求人サイト

DTIブログって?

次のページ