容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「中核資本比率」上げ要請…金融庁

  1. 2012/02/14(火) 18:49:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
大手銀に 健全性基準を厳格化 金融庁は7日、国際的に業務を展開している大手銀行などを対象に、財務の健全性を示す指標である「自己資本比率」のうち、普通株や内部留保(剰余金)による質が高い「中核的自己資本」の比率を引き上げることを求めると発表した。 2013年3月期決算から15年3月期決算にかけて、現行の2%から4・5%へ段階的に最低水準を引き上げる方針だ。配当を自らの判断で減らせる普通株や過去の利益を積み上げた内部留保の比率を高めることで、急激な経営環境の悪化に耐えられるようにする。 中核的自己資本を計算する際、新たに国内外の銀行や証券、保険会社などとの間で持ち合っている株式の分を差し引く必要がある。金融システムの中で、株価の急落などの悪影響が連鎖的に広がることを防ぐ。(2012年2月8日読売新聞)

関連ニュース

株終値も9000円台…欧州不安は消えず
外貨準備、攻めの活用…政府
TPP参加、米は難敵

メーカショップ一覧

DTIブログって?