容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ダルビッシュ、大志を胸に 道内のファンエール、残念がる声も

  1. 2011/12/11(日) 02:49:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 圧倒的な存在感を放ってきた日本球界のエース・ダルビッシュ有投手(25)が、大リーグ入りをめざすことになった。日本ハムがポスティング(入札)を了承し、本人も自身のブログで公表した。5年連続防御率1点台の剛腕の新たな挑戦。多くのファンが「今度はメジャーリーグのエースに」とエールを送った。 ポスティングの申請は8日午後。ダルビッシュはブログで「一番にファンの皆様に伝えたかった」とし、自身の意向を尊重した球団への感謝の言葉をつづった。札幌市内の球団事務所では、島田利正球団代表が報道陣の取材に応じ「重大な決断だったが、世界のエースと言われるように挑戦させてあげたい気持ちです」と話した。 この決断に拍手を送るのは、球団の北海道移転に尽力した札幌ドーム元専務の松下亮司さん(65)。「彼なら大リーグで十分通用する。野球界全体の向上を考えると、彼が渡米して力を発揮してくれることは非常にいいこと」。通算93勝の大黒柱が抜ければ日本ハムには大打撃とする半面、「これによって新しい芽が出てくる可能性もある」と期待する。 一方、女性応援団ルナファイターズ相談役の矢野美恵(よし・え)さん(74)=岩見沢市=は「ダルちゃんに行かれたら絶対に困る」と不満げだ。「チームは今年これだけ負けているのだから、後輩の佑ちゃん(斎藤佑樹投手)のためにもやるべきことがあるのでは……」。だが、同じルナファイターズ代表の谷本里美さん(48)=同市=は「損失は大きいし残念だけれど、出してあげるしかない。彼は米国で試す力がある選手だからしょうがない」と話す。 札幌市の中心部ではニュース速報が流れた。電光掲示板の「ダルビッシュ米大リーグ挑戦表明」の文字を見ていた同市の小林貴裕さん(37)は「挑戦することはいいこと。日本ハムは選手を育成して旅立たせるタイプのチームに見える」。日本ハムファンという恵庭市の自営業秋田譲二さん(60)も「残念だけど、世界でどれだけ活躍するのか見たい」と話した。 友人と電光ニュースを目にした札幌市の専門学生宮原唯さん(19)は「ダルビッシュが抜けても、ほかの選手が引き継いでくれると思うので大丈夫」と期待を寄せた。   ◇ ポスティング(入札)システム 海外に移籍できるFA(フリーエージェント)権を持たない日本選手が米国球団への移籍を希望した場合、所属球団の許可を受け、米国球団の入札により最高金額で落札した1球団と交渉ができる制度。日本の球団は日米のコミッショナーを通じて移籍希望選手がいることを大リーグ全30球団に知らせる。入札期間は米国で公示されてから4業務日以内。最高金額が所属球団に伝えられ、球団が了承すれば落札球団が選手と30日間の交渉権を得る。入札額が低くて日本の球団が納得しなかったり、30日間で契約できなかったりすると、その選手は日本でプレーすることになる。イチロー外野手や松坂大輔投手らがこの制度を使って移籍している。

関連ニュース

「客室乗務員採用など本格化 日系LCC3社 開業へ着々」:イザ!
「【東日本大震災】大震災被害者数(12月8日現在)」:イザ!
「「強い党税調」裏目 自動車2税 集約迷走」:イザ!

懸賞サイト一覧

DTIブログって?