容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

逆に励まされた…相撲協会の被災地巡回慰問

  1. 2011/06/18(土) 14:49:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 日本相撲協会による東日本大震災の被災地への巡回慰問が始まり、力士ら約100人が4日、岩手県山田町と大槌町を訪れた。 名古屋場所の通常開催も決まり、八百長問題に一区切りをつけて臨んだ巡回慰問。山田町には約2000人、大槌町には約800人が集まり、ちゃんこ鍋を味わったり、力士と写真を撮ったりして交流した。放駒理事長(元大関魁傑)は「(被災者を)励ますつもりが、逆に励まされた。今まで迷惑をかけた反省の気持ちも込め、(慰問を)しっかりやりたい」と語った。 横綱白鵬は、両町でそれぞれ横綱土俵入りを務め、バスの出発直前までサインに丁寧に応じていた。「国技である相撲が皆様と深い絆でつながっていると改めて感じた。1日2回の土俵入りは今まで経験ないけど、精いっぱいやりたい」。巡回慰問は8日までで、岩手、宮城、福島各県の計10か所を訪れる。(2011年6月4日19時53分読売新聞)

関連ニュース

名古屋場所前売り開始、問い合わせ電話続々
若手力士ら「ちゃんこ隊」、被災地慰問で奮闘
逆に励まされた…相撲協会の被災地巡回慰問

DTIブログって?